水商売はお酒などを提供する

キャバクラやスナック、ガールズバーのような水商売とソープランド、デリバリーヘルス、ピンサロ、おっぱいパブのような風俗は、一応同じ「風俗」というカテゴリーに分類はされてますが、サービス内容はかなり違ったものだというのは周知の事実です。
同じカテゴリーなのに、性的なサービスを主な仕事としているソープランドやデリバリーヘルスは一般的に「風俗」と呼ばれて、キャバクラやスナックはそう呼ばれないのかといえば、性風俗であるソープランドなどのお店が定着しているからだと感じます。
それと、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」によって定められた法律上の問題という側面も有り、あくまでキャバクラやスナックのような水商売系のお店はあくまでお酒を提供する場としてのサービスに限定されています。
一方、ソープランドやデリバリーヘルスなどは風営法の許可が降りているため、性的なサービスを提供することが可能となっています。
もちろん、風営法で定められている通り、青少年の出入りは禁止したり、公共の場、学校などの近くで営業しないように、営業区域の制限、それから営業時間の制限などは有ります。

以上のようにソープランドやデリバリーヘルスと違いキャバレーやスナックはあくまでお酒を提供するお店という区分であり、本来は女性が接待をする、例えば、酒をつぐなどの行為も問題があるといえばあるのですが、現在のスナックやキャバレーといったお店で、女性が酒をそそいでくれるところも数多く存在するところを見ると、その程度ならと黙認されている可能性もあります。
ちなみにそういったお店で接待をしてくれる女性、ホステスさんなどですね、こういった呼ばれ方をする女性は性的接待のないところで仕事をしている女性を指す場合が多いです、風俗嬢などとは分けて考えられます。

キャバクラやスナックは酒を飲んでホステスさんなどと楽しく会話するのを主な目的としているので、性的欲求を満たす場でないことがわかります。
やや風俗よりではありますが、中間でおっぱいパブのようなところもあります、こちらも会話を楽しんだりお酒を飲んだりするのですが、上半身裸などの女の子が、サービスタイムなどで女の子がおっぱいを押し付けたりおしりを押し付けたりするため風営法の適応内にあるお店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です