風俗の法律と水商売の法律には違いがある

風俗と水商売は違うものだと考えている方が多いかと思いますが、実はキャバクラも一応「風俗」というカテゴリーに入っているのです。
「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」というものが存在していて、風俗営業法や、称風営法などと呼ばれています、こういった法律に関しての違いが有ります。
例えば、水商売などで有名なスナックやキャバクラといったお店では、先程述べたように、規制及び業務の適正化等に関する法律が適応されないのです。

キャバクラやスナックのようなお店では、実はこの「風俗営業法」の許可がないお店ですので、女性による接待が受けられないとされています。
この接待というのは何も性交渉、つまり、本番行為や手淫、口淫はもちろんのこと、胸を触らせたり、おしりを触らせたりも出来ませんし、本来隣りに座ってお酒をそそぐという行為も対象になる可能性があるとのことですが、さすがにそこまで厳しくは規制しないのかもしれません、もちろん性的な行為はダメです。

キャバクラなどと違って性交渉が可能となっているお店、ソープランドやデリバリーヘルス、おっぱいパブ、ピンサロ等が挙げられますが、そういったお店は当然、「風俗営業法」の許可が降りているお店と言えます。
ソープランドなどを知っている方はわかると思いますが、本番行為はもちろんのことオプションで色々な性的な接待が受けられます。
デリバリーヘルスは本番行為は原則なしですが、その他はだいたい有りで、おっぱいパブなどに関しては、キャバクラなどの中間のようなサービスで、ソフトエロスです。

そもそもどういったものなのかといいますと、そういったお店での善良で清浄な環境を保持して未成年に悪影響を及ぼす事を防止するためなどにあるようなものです。
つまりこういったアダルトなお店を経営するためには、いろいろな条件があるということです。

このようにソープランドやキャバクラなどは実はどちらも同じ「風俗」というカテゴリーではあるのですが、法律上では色々と違った部分もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です