男はなぜ両方にはまるのか

一言に「風俗」といっても、様々な業態、形態のサービスが有り、恐らくその単語で一番一般的なのが性風俗であるソープランドやデリバリーヘルスと言ったエッチなサービス、性的接待をしてくれる、お店ではないでしょうか?私達の中に最も定着している風俗の印象が性的なサービスのお店だといえるのですが、実は、性的なサービスを行っていないキャバクラやガールズバーなども同じカテゴリーに含まれるのです。

どちらのお店にしても、男性客を女性店員、ホステスさんや、風俗嬢がもてなすという意味ではあまり変わり無いと言えます。
男性客はどちらのお店であってもはまってしまう生き物で、ソープランドも利用するけどキャバレーやスナックも頻繁に利用するという方は多いように感じます。
水商売に性風俗、どちらか一つではダメなのかと思われるかもしれませんが、やはりその辺りはサービス内容や業務形態の違いがあるためだと言えます。

たとえば、性的な刺激、性的欲求不満を解消したい場合は、ソープランドやデリバリーヘルスなどのサービスを利用するでしょうけど、女の子にお酒をついでもらって、楽しく話をしたい、もしくは話してほしいなど、ちょっとしたオアシス、癒やしを求めたい場合は行きつけのキャバクラやガールズバーなどへ足繁く通うのだと思います。

確かにソープランドやキャバクラは広義的に同じカテゴリーかもしれませんけど、利用する用途はかなり違うといえるため、どちらの業態のお店も男性は、はまってしまうのだと言えます。
ちなみに、おっぱいパブというものがあるのですが、こちらは水商売系のお店と、性接待をするお店の中間くらいのサービスとなっていて、胸をさらけ出した女の子とお話したり、お酒を飲んだりするサービスとなっています。
ちなみに、おっぱいなどに触れたりすることも出来るため、風俗よりでは有ります。
ただ、性的な接待を受けられるとはいえ、あくまでソフトなエロなので欲求の解消になるかどうかは疑問です。
一応性的な接待のお店ですので、風営法の許可を得なければならないお店ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です