風俗は業態による違いがある内容はほぼ同じ

日本には色々な風俗産業があり、業態はいろいろと分かれています。
恐らく性風俗で一番最初に思いつく、一般的なものと思われているのがソープランドではないでしょうか?基本的にソープランドは本番行為有りの業態のお店で、追加料金などによってオプションサービスもある、最もポピュラーといえる形態のお店だと言えます。

デリバリーヘルスは、女の子に出張してもらって、主張先で性的なサービスをしてもらうというお店です。
こちらのサービスは基本的に本番行為が禁止されていて、それ以外のフェラチオや手淫などで性的欲求を解消してもらうというサービス内容となっています。
本番行為が出来ないのと、出張してくれる以外はソープランドと変わらいかもしれないです。

ピンクサロン、略してピンサロは、基本的にフェラチを、口での性的サービスをしてくれるお店で、個室において性的サービスをしてくれるお店ではない場合が多く、ボックス席などで フェラチオなどのサービスを行ってくれる場合が多いです。

このように、ほんとうに色々な業態があるのですけど、本質的には同じものだと言えます。
性風俗に関しては、全て性的な接待を目的に、女の子たちに性的にもてなしてもらえるサービスとなっているので、サービス内容に多少差異はあっても、似たり寄ったりと言えます。
ただ、水商売、主にガールズバーやキャバレー、スナックといったお店も一応「風俗」にカテゴライズされるのですが、こちらに関しては女性にもてなしてもらうということ以外ではかなり違ったサービスとなっています。
水商売系のお店では、性的な接待が出来ません、あくまでお酒を提供しているお店ということも有り、本来なら女性が隣りに座ってお酒をつぐなどの行為も問題がある可能性があります。

そもそも、水商売系のキャバレーやガールズバーなどは、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」、風営法と略されて呼ばれているのですが、この許可を得ていないお店ですので、性的接待が出来ないのです。
カテゴリー的にはどちらも同じ「風俗」ではあるのですが、かなりの違いが有ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です