はまる男がいるから商売が成り立つ?

水商売や風俗などが成り立つのは基本的にハマる男、つまり常連さんが居るからだと言えます。
そのような、お水な商売において、「常連」さんというのは非常に大事な顧客で、大事にするのが成功の秘訣とも言えます。
お店によって色々なテクニックが有るでしょうけど、基本的には、気持よくお金を使ってもらうのが一番です。
そうすれば次も来てもらえますし、ちょくちょく来てもくれます。
それ故に、キャバ嬢や風俗嬢などは様々なテクニックを駆使して常連さんを作るのです。
そのテクニックにより、男のお客はハマり、お店へ来てくれるようになるということです。

そういった関係から風俗産業、水商売は成り立っているということが判ります。
テクニックとしては、又来てほしいという雰囲気を醸し出したり、一度にお金を使わせないようにしたりなど、様々あるようです。

キャバ嬢によっては、お客さんの性格や癖、趣味なども把握してたりするのは、まさに客商売で、すごいスキルだと感じます。
そこまで把握されていて気持よくお酒が飲めれば、ある程度出費してもまた来たいという心理が働く可能性は十分です。
風俗嬢にしてみても、肉体的なテクニックも大事ですが、心理的なテクニックも大事になってくると感じます。

水商売での良さ

風俗業にはいろいろな形態があって、何も性風俗、ソープランドやデリヘルだけが風俗ではありません。
キャバクラやスナックなどの水商売も性的接待は無いですが一応風俗に含まれます。
では、一体水商売の良さとは何処に有るのでしょうか?ソープランドのように肉体的な接待があり、性行為が出来るわけでもないのです。

キャバクラやスナックなどの水商売では、やはり心の癒やしを求めてく利用するのだと感じます。
若い、あるいは、落ち着きのある女性(ママなど)と話して、お酒などを注いでもらい、話を聞いてもらうだけでも十分にはまってしまう要素があります。
基本的に男性も繊細で小心な所があったりするので、一時の甘えを欲してそういったお店へ通うという可能性は十分に考えられるのです。

日頃の労働のストレスなどを忘れて、お姉さん(おねえちゃん?)と一緒にお酒などを飲むことにより、一時の休息を得たいのだと感じます。
行きつけになってしまえば、定期的に利用したいと思えるのが水商売のすごいところです。